高血圧の種類・自覚症状・リスクについて

高血圧 画像

日本高血圧学会が定める理想の血圧は、
上が120mmHG、下が80mmHG未満とされています。

 

これに対し、上が140mmHG以上、下が90mmHG以上
ある状態を高血圧と診断します。

 

 

2種類の高血圧

 

高血圧には2種類あります。

 

二次性高血圧

続発性高血圧とも呼ばれ、脳腫瘍や脳血管障害、慢性腎炎など
他の疾病が原因です。

 

先天性の動脈疾患や妊娠中毒症による高血圧も
こちらに分類されます。

 

本能性高血圧

高血圧症に診断される方の9割が本能性高血圧症とされています。

 

はっきりとした原因は不明で、食生活や生活習慣が要因となって
高血圧を引き起こしているとされています。

 

 

自覚症状はあるの?

 

一般的に高血圧には自覚症状が無く見過ごされやすい傾向に
あります。

 

また健康診断などで医師から高血圧だと診断されても重く
受け取られない方が多く、放置される方が多いです。

 

しかし、頭痛・めまい・耳鳴り・肩こりなどは、血流の停滞によって
引き起こされる症状なので、こういった症状がある場合は
高血圧の可能性があります。

 

高血圧を放置し自覚した際は手遅れになることが多いので、
こうしたちょっとした症状を見逃さず、定期的に医師の診察を
受けたり血圧を測定するなど日頃からの健康管理が重要です。

 

 

高血圧が引き起こす合併症のリスク

 

高血圧は様々な合併症を引き起こすリスクが高い疾病と
されています。

 

高血圧を放置すると、その圧力に心臓が耐えられずに肥大・硬化し、
動脈硬化や心筋梗塞、大動脈流破裂などのリスクが高まります。

 

高血圧は自覚症状が無いため、気づいた時には手遅れという場合が
多く、「サイレントキラー」とも呼ばれています。

 

合併症の代表例

 

心臓の合併症

 

高血圧を放置すると心臓が圧力に耐えられず、肥大化します。
肥大化すると心臓の血液を送り出す働きが弱まり心不全を
引き起こすリスクが高まります。

 

さらに動脈も硬化し、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。

 

脳の合併症

 

高血圧を放置すると動脈硬化が進行し、脳卒中のリスクが
高まり、脳梗塞を代表に、脳出血、くも膜下出血、
一過性脳虚血発作などの症状を引き起こします。

 

腎臓の合併症

 

高血圧によって肝臓の動脈硬化は、肝機能障害や腎不全
引き起こします。

 

また腎臓が縮小することにより心不全のリスクも高まります。

 

目の合併症

 

高血圧は目の網膜の動脈も硬化させてしまいます。

 

これにより網膜内に出血や白斑の症状が表れ、悪化すると
眼底出血や視覚障害、最悪の場合は失明に至ります。

 

 

関連ページ

高血圧とは何か?その原因は?
高血圧は一体何が原因で起こるのか?気になる高血圧の原因について詳しくご紹介しています。
高血圧予防・改善に効く効果的な成分とは?
高血圧を予防や改善できる成分にはどんなものがあるのでしょうか?高血圧の予防や改善におすすめの有効成分をご紹介しています。
高血圧の予防や改善のために必要なこととは?
高血圧を予防する方法はあるのでしょうか?また、もし高血圧になった場合、改善策は何かあるのでしょうか?高血圧の予防と改善についてご紹介しています。