高血圧予防・改善に効く効果的な成分とは?

高血圧サプリメント 画像

高血圧の予防・改善には生活習慣の見直しや
食生活の改善が重要ですが、効果的な成分が含まれた
サプリメントを摂取することでも予防・改善効果が
期待できます。

 

ここでは高血圧の予防・改善効果が期待できる
成分についてご紹介します。

 

 

血液サラサラ効果

 

DHA(ドコサヘキサンエン酸)

 

青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一つで、悪玉コレステロールや
中性脂肪の量を減らす効果があり、血液をサラサラにして
生活習慣病の予防につながる注目の成分です。

 

血管内部の細胞膜や赤血球の細胞膜を柔らかくし、血流を
改善します。

 

また神経細胞や脳にも働きかけ、記憶力をアップしたり
精神を安定させるなどの効果もあります。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)

 

青魚に多く含まれる必須脂肪酸の一種で、血液を固まりにくくし、
血栓を溶かす働きをすることから血液をサラサラにする効果が
あります。

 

善玉コレステロールを増殖し、中性脂肪や悪玉コレステロールを
減少したり血管拡張作用もあるので、生活習慣病予防効果が
期待できます。

 

体内では生成できず食べ物から摂取することでしか取り入れる
ことが出来ない成分に加え、DHAと一緒に摂取すると生活習慣病の
予防効果がアップするとされています。

 

DPA(ドコサペンタエン酸)

 

マンボウやアザラシの肝油に多く含まれている必須脂肪酸です。

 

古くからイヌイットが野菜を全く摂取しなくても健康でいられる
のはこのDPAが含まれているアザラシを食べていたからとされる
ほど高い健康効果があるとされています。

 

アザラシやマンボウの肝油は流通量が少なく希少な成分ですが、
悪玉コレステロールの定着を防ぎ、血管や血流の改善効果は
EPAの100倍近くあるとされ、その効果に注目が集まっています。

 

ナットウキナーゼ

 

納豆由来の酵素の一つで、血栓を溶かすことで心筋梗塞や
脳梗塞の原因となる血栓症を防ぐ効果があります。

 

また血管全体の圧力を軽減し血流を促す作用もあることから、
高血圧を防ぐ効果も期待できます。

 

ケルセチン

 

動脈硬化の予防や血流をスムーズに改善するポリフェノールの
一つです。

 

玉ねぎに多く含まれ、強い抗酸化効果により血中の赤血球を
活性酸素から守り活性化をサポート、さらに血管の柔軟性を
保つことで血管機能を正常に保つ効果があります。

 

血圧上昇抑制効果

 

グルタミン酸(GABA)

 

気分を落ち着けリラックスさせる作用のあるGABAを
グルタミン酸から作り出す必須アミノ酸の一つです。

 

血圧の上昇を抑制し、ストレス解消効果も期待できます。

 

また内蔵や脳に働きかけることで血圧を下げることから
高血圧対策成分として効果的とされています。

 

ペプチド

 

アミノ酸とたんぱく質の中間要素を備えた成分で、血圧上昇を
促す成分に有効に働きかけ、血圧を下げる効果があります。

 

中でもカルピス社のカルピス酸乳由来のラクトトリペプチド
いわし由来のサーデンペプチドには高血圧に対し効果的と
されています。

 

血管拡張効果

 

サポニン

 

血流を促し、体のめぐりを整える効果がある成分です。

 

また毛細血管の強化や血管拡張により血栓を防ぎ、
コレステロール値を改善、中性脂肪を減らすなど
肥満解消にも効果的とされています。

 

酢酸

 

酢酸に含まれるアデノシンには血管拡張効果や血圧の上昇を
抑える効果があり、血流をスムーズに促して血圧を下げる
効果が期待できます。

 


 

以上の成分はあくまで高血圧対策に有効な成分のうちの
一部で、高血圧症の改善には生活スタイルの見直しや
食生活の改善、上手なサプリの摂取が重要となっています。

 

関連ページ

高血圧とは何か?その原因は?
高血圧は一体何が原因で起こるのか?気になる高血圧の原因について詳しくご紹介しています。
高血圧の種類・自覚症状・リスクについて
高血圧にはどんな種類があるのでしょうか?高血圧の種類や、自覚症状、リスクなどについてご紹介しています。
高血圧の予防や改善のために必要なこととは?
高血圧を予防する方法はあるのでしょうか?また、もし高血圧になった場合、改善策は何かあるのでしょうか?高血圧の予防と改善についてご紹介しています。