高血圧

MENU

高血圧の予防や改善のために必要なこととは?

高血圧 画像

生活習慣病の中でも自覚症状が無い高血圧は、
症状を自覚した時には手遅れとなる場合が
数多くあります。

 

また高血圧を重く受け止める方が少ないのも
悲しい現状です。

 

高血圧は40歳を過ぎると気をつけて欲しい症状の一つですが、
症状を予防・改善するには生活スタイルの見直しやバランスの
良い食事を心がけるなど、普段の生活の中に鍵があります。

 

高血圧を予防するには

 

普段の生活に運動を取り入れる

 

高血圧を予防するために適度な運動を取り入れ、血流を
促進することが効果的です。

 

中でも軽い有酸素運動が効果的とされ、毎日30分ほどの
ウォーキングやジョギングが望ましいとされています。

 

毎日運動を取り入れるのは難しいという場合は、普段の生活の
中でも移動の際は足を高く上げて歩いたり、階段を使用する
などいつもより動くことを意識してみましょう。

 

日常に運動を取り入れることで肥満対策にもなり、
肥満による高血圧を防ぐ効果も期待できます。

 

 

バランスの良い食生活

 

高血圧を防ぐ食生活として気をつけたいのは、
塩分の過剰摂取です。

 

塩分の過剰摂取は血圧上昇を招くだけでなく、水分の過剰摂取を
招き、体液が増量することでも血圧を上昇させてしまいます。

 

1日の塩分摂取量の目安は6g以下とされています。

 

塩分の過剰摂取を控えるだけでなく、魚や野菜などあらゆる
栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

 

調理の際は濃い味付けを控えると、塩分量も抑えられます。

 

 

タバコの吸いすぎ・お酒の飲みすぎを控える

 

タバコに含まれるニコチンは血圧を上昇される作用があり、
出来るだけ吸わない、または禁煙することをおススメします。

 

禁煙する際は急に止めるのではなく、長期間掛けて取り組み、
体にストレスを溜めないようにしましょう。

 

またお酒の飲みすぎも控えた方が良いでしょう。

 

禁酒することはありませんが、毎日飲酒して内臓に負担を
掛けないように休肝日を設けることをおススメします。

 

1日のアルコール摂取量の目安は、日本酒1合、焼酎0.5合、
ビール350ml、ワイングラス1杯とされ、これ以上の飲酒は
控えるようにしましょう。

 

 

上手にサプリメントを摂取する

 

高血圧対策に効果のあるサプリメントは多く販売されています。

 

生活スタイルの改善、適度な運動の取り入れ、食生活の見直しなどに
サプリメントの摂取を加えるとより効果的です。

 

中でも高血圧に効果的な成分であるDHA・EPAはサプリメントでの
摂取が推奨されている成分です。

 

 

この他にもストレスを溜めないよう適度に発散し、睡眠を
たっぷり取るなどして疲れを溜めないことが重要です。

 

 

高血圧症を改善するためには?

 

高血圧症は3段階に分けられ、第1段階では普段の生活スタイルや
食生活を見直すだけで高血圧を改善することができます。

 

高血圧症と診断される場合、改善するには予防する際と
同じ方法が有効的です。

 

食生活を見直して塩分の過剰摂取を控える、適度な運動を
取り入れて肥満を防ぐために毎日半時間ほどのウォーキングなどが
望ましいです。

 

しかし改善するために、普段の生活に急に運動を取り入れると
かえって血管や心臓に負担を掛けてしまう場合もあるので、
医師に相談のうえ上手に取り組んでみてください。

 

また生活習慣を見直して数ヶ月が経過しても症状が改善されない
場合などは、降圧薬を用いた投薬療法が効果的です。

 

薬物による治療は必ずかかりつけの内科の指導のもと行いましょう。

 

またサプリメントの使用も効果的です。

 

サプリメントは健康補助食品なので、普段の生活で補えない部分を
効果的に改善してくれ、長期間の摂取により体質改善を促します。

 

サプリメントは医薬品では無いので副作用のリスクも無く、
どなたでも気軽に安心して摂取していただけ、第1段階と
診断された高血圧症の方の健康サポートには適しています。

 

 

関連ページ

高血圧とは何か?その原因は?
高血圧は一体何が原因で起こるのか?気になる高血圧の原因について詳しくご紹介しています。
高血圧の種類・自覚症状・リスクについて
高血圧にはどんな種類があるのでしょうか?高血圧の種類や、自覚症状、リスクなどについてご紹介しています。
高血圧予防・改善に効く効果的な成分とは?
高血圧を予防や改善できる成分にはどんなものがあるのでしょうか?高血圧の予防や改善におすすめの有効成分をご紹介しています。